安全性の高いレーシック手術

安全性の高いレーシック手術



安全性の高いレーシック手術ブログ:05-1-17


女性の「痩せ願望」は根強いですが、
多くの女性は「痩せ過ぎ」を目標にしていて、
減量に失敗することが多いようです。

これは鏡の中の自分を確認し、
からだのラインを把握していない為で、
自分のからだに不満があるとすれば、
筋肉の量が足りていないということがわかると思います。

お腹の脂肪は、腹筋がなければ凹みませんし、
実際、体重を減らさなければならないほど太り過ぎの方は
それほど多くありません。

減量をする上で、わたしが提案したいのは、
体重計よりも全身が映る鏡でからだをチェックすることと、
ベストサイズだった頃のデニムを
スムーズに履けるかどうかを確認することです。

デニムも伸び縮みしない素材で確認し、
鏡は日々見ることをお勧めします。

極度の肥満から、
美しいからだのラインと、健康的な体重に戻した
女優のエリザベス・テイラーは
「体重計よりも鏡をみて判断しなさい」と言っています。

エリザベス・テイラーも最初は、
とにかく体重を減らすことを目的に
減量していましたが、
あと数キロで適正体重になれるという時に、
過度の食べる事制限を行っても、体重が減らなかったそうです。

その当時のパートナーは、
その時の彼女をお買い物に連れて行き、
2キロの肉を彼女に持たせ、
「これだけの体重を減らしたのに、まだ痩せたいの?」と言ったそうです。

その時、彼女は鏡を見て、
自分のからだがベストに戻ったと納得したそうです。

本当の減量に成功したエリザベス・テイラーは、
今までは周りばかりを意識していて、
自分の為に減量をしたことがなかったと悟ったんだそうです。

安全性の高いレーシック手術

安全性の高いレーシック手術

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)完全理解してレーシックに踏み切ろう