日本国内でのレーシック実績

日本国内でのレーシック実績


日本国内でのレーシック実績
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。




日本国内でのレーシック実績ブログ:19-10-18

7年前に母親が、続いて3年前に兄貴が亡くなった。

それまで自由気ままに
結婚もせず、遊びまわっていたわたくしも、
さすがに一人実家に残った病を抱えたパパを思い、
約20年ぶりに実家に帰った。

母親が健在の頃から、
ビールを浴びるように飲む兄貴と両親の仲は、
しっくりいかなかった。

そして母親がクモ膜化出血で倒れ、
約2ヶ月の闘病の末亡くなった後は、
パパと兄貴の関係は修復しがたい程にこじれていった。

母親の死を自分のせいだと自らを責め続ける兄貴には、
ビール以外に逃げ場が無かったのかもしれない。

酔っては暴言を吐き暴れる兄貴を、
パパは悲しい目で見ていた。

そんな生活が災いして、兄貴も亡くなった。
パパは「悲しいけれど、正直ホッとした」とわたくしに言った。

わたくしは、実家に戻りしばらくたってから、
母親が亡くなって以来そのままになっていた、
家の中の片付けを始めた。

そんなある日見付けた手紙の束の中に、
パパから母親にあてた手紙があり、
わたくしはパパに内緒でそっと開いてみた。

それはわたくしが生まれて間もなく、
パパが出稼ぎ先から出したものだった。

内容は
「たまにしか会わないので、
娘たちが自分の顔を見て泣きだしたのがショックだった」とか
「早く一緒に暮らしたい」とかたいした内容では無いのだけれど、
家族に対する愛情が溢れていた。

わたくしは涙が止まらなかった。
兄貴が生きている間に、ひと目見せてやりたかったという気持ちで、
胸が一杯になった。

仏壇の隅にパパの目にふれぬようにそっと手紙を置き、
心の中で
「兄ちゃん、わたくしたちはこんなにも愛されて育ちましたよ」
とそっと呟いた。

そして、パパも昨年亡くなり、
わたくしは本当に一人きりになってしまった。

でもわたくしの前には、3人の写真が有り、
今も3人からの愛情を感じている。
日本国内でのレーシック実績

日本国内でのレーシック実績

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)完全理解してレーシックに踏み切ろう